不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

「住宅売却」は誰にも相談しないが36.4%-スマイスター調べ

2018/1/10 19:00

「住宅売却」は誰にも相談しないが36.4%-スマイスター調べ

「住宅売却の検討状況について調査」結果を発表
シースタイルは1月9日、「住宅売却の検討状況について調査」の結果を発表した。シースタイルが運営する不動産の比較査定サイト「スマイスター」を利用した、住宅の売却を考えている男女107人を対象に調査したもの。

調査で「売却住宅の種類」をたずねたところ、最も多かったのが「戸建て」の73.8%、次いで「マンション」の26.2%だった。

売却を検討している住宅の使用状況については、「本人・家族居住」が59.8%と過半数を占める。このほか「賃貸中」(9.4%)、「セカンドハウス」(3.7%)なども見られるものの、「空き家(空室)」が24.3%もあることも分かった。

既婚者の1位は配偶者
では、住宅の売却について、不動産会社以外では誰に相談しているのだろうか。1位は「誰にも相談していない」の36.4%、2位は「配偶者・パートナー」32.7%だった。

ただ、この調査でパートナーと同居している割合は68.2%であり、未婚者が13.1%、以前結婚していた人(離死別含む)が18.7%存在する。

婚姻形態別にみると、未婚者の1位は「誰にも相談していない」の50.0%、既婚者の1位は「配偶者・パートナー」45.2%、以前結婚していた人の1位は「子ども」40.0%となっている。

また、インターネットが普及して久しいにもかかわらず、「SNSやインターネット」を使って相談した人は0%という意外な結果も見られた。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社シースタイルのプレスリリース
https://www.sumaistar.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京カンテイが2014年8月の三大都市圏・主要都市別/分譲マンション賃料月別推移を発表のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。