不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

天井からお年寄りを見守る賃貸不動産向けサービス登場

2019/3/15 01:00

単身高齢者を天井から見守り
高齢化社会の進展により、単身で賃貸物件に居住する高齢者が増えている。高齢者の安否確認は、賃貸物件オーナーにとっても重要な課題だ。

そこでソニーネットワークコミュニケーションズは3月8日、賃貸不動産向けの高齢者見守りサービスを提供すると発表した。提供開始は6月下旬の予定だが、3月8日から予約を受け付けている。

この高齢者見守りサービスは、人感や温度、湿度、照度を完治するセンサー、マイク、スピーカーなどを内蔵した照明器具「マルチファンクションライト」を利用する見守りシステム。

マルチファンクションライトが感知した履歴などを記録し、一定時間記録がない場合に異常と判断して通知する。マルチファンクションライトによって、住居者のプライバシーを侵害せずに見守りが行えるのが特徴だ。

異常があれば離れて暮らす家族や管理会社に通知
一定時間記録がなかった場合、まずマルチファンクションライトのマイク・スピーカー機能による音声での呼びかけを行い、状況確認を行う。

入居者から音声での反応がなければ、録音記録を添付した安否確認メールを送付。メールの開封がない場合は、離れて暮らす家族やマンション管理会社等に通報を行うことで、駆けつけなどの連携を促す。

外部リンク

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
https://www.sonynetwork.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

賃貸住宅アトラクション館「D-roomプラザ館」大和ハウス工業が開設のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。