不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

18年第4四半期「フラット35」申請戸数9.1%減

2019/2/3 06:00

「買取型」申請戸数2万5,599戸
住宅金融支援機構は1月25日、2018年第4四半期分(10月~12月分)における「フラット35」の申請状況を取りまとめたデータを発表した。

2018年第4四半期に「フラット35(買取型)」に申請された戸数は、前年同期9.1%減の2万5,599戸。実績戸数は同12.6%減の1万9,140戸だった。実績金額は同10.7%下落の、5,637億9,597万円となっている。

「フラット35(買取型)」の申請戸数の減少は、借り換えのために利用する人が減ったのが原因。しかしながら借り換えを除いた申請戸数は同1.1%減と、ほぼ横ばいで推移している。

保証型の申請戸数は57.0%増
2018年第4四半期分における「フラット35(保証型)」の申請戸数は、前年同期比57.0%増の3,546戸。実績戸数は同72.4%増の2,282戸となっている。実績金額は同72.5%増の6,410億6,761万円だった。

保証型の申請戸数は前年同期比で増加しており、フラット35全体の申請戸数に占める割合も同4.8%上昇している。新たに2機関が保証型の取り扱いをスタートさせたのが要因と考えられる。

外部リンク

【フラット35】の申請戸数等について(平成30年10月~12月分)- 住宅金融支援機構
https://www.jhf.go.jp/files/400348963.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東日本不動産流通機構が11月期の首都圏不動産流通動向を発表のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。