不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

フラット35(保証型)の利用者が増加-住宅金融支援機構調べ

2018/11/1 22:00

2018年第3四半期「買い取り型」の申込数が減少
住宅金融支援機構は10月26日、2018年第3四半期分(7月~9月分)における「フラット35」などの申請状況を取りまとめたデータを発表した。

これによると、2018年第3四半期に「フラット35(買取型)」に申請された件数は、前年同期に比べ15.1%減の2万4,909戸。実績戸数は同14.1%減の1万8,566戸だった。また実績金額は、同11.2%下落の5,464億7,452万円となっている。

買取型の申請戸数が、対前年同期比で減少しているのは、今年度に発生した災害の影響が大きい。災害を受けた地域では、申請戸数が約25%減少している。

「保証型」の実績個数85.8%増加
2018年第3四半期分における「フラット35(保証型)」の申請戸数は、前年同期比48.6%増の3,387戸。実績戸数は同85.8%増の2,040戸となっている。実績金額は同73.2%上昇の553億3,597万円だった。

保証型の申請戸数は、対前年同期比で増加しており、フラット35全体に占める割合も、前年同期の7.2%から12.0%へと上昇している。これは金融機関2機関が、昨年10月と今年5月に、保証型の取り扱いを新たにスタートさせたことが要因と考えられる。

外部リンク

独立行政法人住宅金融支援機構のプレスリリース
https://www.jhf.go.jp/files/400348211.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

2017年、最も中古マンション価格が高騰したエリアは虎ノ門5丁目-マーキュリー調べのページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。