不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

マーキュリー、東京23区において2019年竣工予定の共同住宅数ランキングを発表

2018/11/1 09:00

物件数の多い順に23区のランキングをまとめる
株式会社マーキュリーは、2018年10月26日、東京23区において2019年竣工予定の共同住宅数ランキングを発表した。

同社は、新築マンション業界において導入シェア9割を誇るマーケティングシステム『サマリネットシリーズ』を提供している企業。同ランキングは、同社が収集している建築看板の情報より集計されたデータを元にするもの。物件数の多い順に23区のランキングをまとめている。

トップは、年間114物件の台東区
同ランキングにおいて、2019年竣工予定の共同住宅数が最も多かったのは、年間114物件の台東区。2位の目黒区は89物件であり、大きな差をつけて1位に輝く形となった。

マーキュリーは、台東区における注目物件として『上野池之端プロジェクト』を挙げる。同物件は、東京建物が池之端にて計画している、地下1階地上38階のタワーマンション。台東区はタワーマンションが多いエリアではなく、20階を超えるタワーマンションの建設は2015年竣工の大江戸タワーレジデンス以来。希少性という面でも、同物件は注目を集めると同社は考察している。

最も少なかったのは、年間16物件の葛飾区
同ランキングにおいて、2019年竣工予定の共同住宅数が最も少なかったのは、年間16物件の葛飾区となった。

同区についてマーキュリーは、「相場の上限が高くなりにくいエリア性」「高騰する建築費を販売価格に転嫁せざるを得ない現況」という理由から、新築マンションの事業化が鈍化していると考察。共同住宅についても、同様の理由で下位にランクインしたと分析している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

2019年/東京23区共同住宅供給予定発表 Realnetニュース - 株式会社マーキュリー
https://mcury.jp/news/542/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東日本レインズが2013年4月度「首都圏の住宅市場動向」を発表のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。