不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京グレードAオフィス空室率1%割れを記録-CBRE調べ

2018/10/28 23:00

11年ぶりの1%割れ
CBREは10月23日、「2018年第3四半期(Q3)の全国13都市オフィスビル市場動向」を発表した。

レポートのうち東京のオフィスビル市場動向を見ると、東京グレードAオフィスの空室率は対前期比0.5ポイント低下の0.9%。2007年第2四半期以来、11年ぶりの1%割れを記録した。

2018年第3四半期に完成したグレードAビル4棟は、大手企業グループが集結するなど、ほぼ満室となった。また、既存ビルに関しても、わずかに残っていた空室が消化され、新規需要は7.6万坪増となり、2014年第2四半期の7.9万増に次ぐ高水準となった。

この結果、グレードAの空室率は対前期比0.5ポイント低下の0.9%と1%割れを記録。また、すべてのグレードでの空室率も、対前期比0.2ポイント低下の0.9%となり、2期連続して過去最低値を更新している。

賃料は今後1年間でピークへ
第3四半期のグレードAオフィスの賃料は対前期比1.4%上昇。過去1年間の平均上昇率0.7%を、大きく上回っている。

今後に完成予定のグレードAビルでもテナント内定率が好調に推移しているため、CBREでは予想賃料をやや上方に修正。その結果、グレードA賃料は向こう1年間でピークを迎えて1.5%上昇するもの、その後の1年間では約1.1%下落すると予想している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

シービーアールイー株式会社のプレスリリース
https://www.cbre.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

主要都市の7割が上昇-国交省10月の地価動向調査のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。