不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

20代から家賃を払うよりマンション購入が得!?-スタイルアクト調べ

2018/10/28 04:00

「家活」62%が30代までにマンション購入
スタイルアクトは10月25日、「家活」の経験者を対象とした調査結果を、スタイルアクトの専門サイトにて公開した。「家活」とは、スタイルアクトが独身者が名付けた、自宅マンションを購入する活動のことである。

調査で「家活」を行った人に「何歳で自宅マンションを購入したか」尋ねたところ、20代が18%、30代が44%となった。「家活」を行った人の62%が、30代までにマンションを購入していることがわかる。

また、国勢調査のデータを元にスタイルアクトが算出した結果によると、東京都区部に住む20~49歳の独身者のうち、持ち家の取得者数は年間で8,580人。

2017年度に都区部で供給された新築マンション数が1万6,393戸、中古マンションの成約件数が1万5,691戸であることを考えると、27%が独身のうちに自宅マンションを購入していると推計される。

賃貸より持ち家のほうが最大で1,440万円オトク
「独身時に自宅を買った理由」については、最も多かったのが「家賃を払い続けるのがもったい無いから」の31%。「同じ払うなら早めに買おう」と思う傾向にあることがうかがえる。

スタイルアクトが購入時の年齢を30歳と40歳で比較したところ、90歳時点での払総額では、最大で1,440万円の差が出る計算になるという。

「人生100年時代」と言われる現代において、20代から老後を見据えたマネープランを考える人が増えているようだ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

スタイルアクト株式会社のプレスリリース
https://styleact.co.jp/news/?p=3476

最新ニュース

関連ニュース

コメント

不動産経済研究所、首都圏投資用マンション市場動向を発表のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。