不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

CBRE、2018年8月期における三大都市のオフィス空室率・平均賃料速報を発表

2018/9/13 15:00

CBREグループの日本法人
シービーアールイー株式会社(以下「CBRE」)は、2018年09月10日、2018年8月期における三大都市のオフィス空室率・平均賃料速報を発表した。

同社は、世界最大と自負する事業用不動産サービスおよび投資顧問会社であるCBREグループの日本法人。1000名を超えるプロフェッショナルが、最適かつ的確な不動産ソリューションを中立的な立場で提供している。

東京グレードAの空室率、前月比で横ばいの1.2%
今回発表された2018年8月時点における速報は、CBREが独自に設定したオフィスエリア内に立地し、原則として延床面積1000坪以上であり、かつ新耐震基準に準拠したオフィスビルを調査対象としている。

今回の速報では、東京グレードAの空室率は前月比で横ばいの1.2%となった。大阪グレードAは、前月比で0.1ポイント低下の0.1%、名古屋グレードAも前月比で0.2ポイント低下の0.3%となっている。

オールグレードの空室率については、東京23区では前月比で横ばいの1.0%をマーク。大阪市でも、前月比で横ばいの1.7%となった。名古屋市では、前月比で0.1ポイント低下の1.2%となっている。

想定成約賃料、東京グレードAは前月比で0.1%上昇
想定成約賃料については、東京グレードAが前月比で0.1%上昇した。大阪グレードAは前月比で0.6%上昇、名古屋グレードAは前月比で0.6%の上昇となっている。

CBREは今後も、「ビジネスインフラ」として認められる不動産アドバイザリー&サービス企業を目指し、地域に根ざしたサービスを展開するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

三大都市オフィス空室率・平均賃料速報(2018年8月期) - シービーアールイー株式会社
https://www.cbre.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

CBRE、「不動産投資に関するアンケート」の調査結果を発表のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。