不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

平成29年度分「フラット35」申請戸数19.8%減-住宅金融支援機構調べ

2018/5/1 21:00

平成29年度分「フラット35」申請戸数19.8%減-住宅金融支援機構調べ

2017年度「買い取り型」の申込数は11万1936戸
住宅金融支援機構は4月24日、2018年第1四半期分(1月~3月分)及び2017年度分における「フラット35」の申請状況を取りまとめたデータを発表した。

これによると、2018年第1四半期に「フラット35(買取型)」に申請された件数は、前年同期に比べ20.2%減の2万3387戸。実績戸数は同18.2%減の2万1819戸だった。また実績金額は、同16.0%下落の6391億795万円となっている。

2017年度に「フラット35(買取型)」に申請された件数は、前年同期比19.8%減の11万1936戸。実績戸数は同24.6%減の8万7551戸。実績金額は同21.4%下落の、2兆5156億1541万円だった。

2017年度「保証型」の申込数は9,048戸
2018年第1四半期分における「フラット35(保証型)」の申請戸数は、前年同期比23.5%増の2,242戸。実績戸数は同86.0%増の1,520戸となっている。実績金額は同79.8%増の434億6761万円だった。

また、2017年度分の「フラット35(買取型)」の申請戸数は、前年同期比66.7%増の9,048戸。実績戸数は同252.4%増の4,856戸。実績金額は同240.8%上昇の1382億5676万円となっている。

(画像は、住宅金融支援機構のホームページより)

外部リンク

独立行政法人住宅金融支援機構のプレスリリース
https://www.jhf.go.jp/files/400346100.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

CBRE、1月の三大都市オフィス空室率・平均賃料速報を発表のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。