不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

レオパレス21、新たな物件検索システムを導入

2018/4/15 18:00

物件検索がより探しやすく進化
レオパレス21は4月2日、新しい物件検索システムの提供を開始した。今回導入された新たな物件検索システムは、AI inside社と協業で「NAVITIME API」を活用したもの。

NAVITIME APIとは、検索サービスで使用されている地図表示やルート検索などの機能をWEB API機能で利用できるサービス。この機能を活用することで、これまで提供していた複数の物件検索システムを一元化し、希望条件に近い物件を高精度かつ短時間で探せるようになった。

チャットボットやマイページ機能の追加も予定
新たな物件検索システムには今後、さらなる機能拡張を行っていく予定だ。

具体的にはチャットボット機能やマイページ機能などの実装を予定している。これらの機能によってユーザーからの問い合わせに迅速に対応する。

さらにレオパレス21の社員が物件検索システム上で検索した物件情報や図面を、直接ユーザーへ送信できるほか、賃料査定データと新物件検索システムをリンクさせ、適正な物件の提供に務めるという。

レオパレス21は
今後も、新たな技術導入による顧客サービスの向上と、業務効率化に取り組んでまいります
(プレスリリースより)

と述べている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社レオパレス21のプレスリリース
http://www.leopalace21.co.jp/news/2018/0410_2363.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

子育て、高齢者支援マンション動向-不動産経済研究所調べのページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。