不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏の分譲一戸建て価格、3年連続で上昇-リクルート住まいカンパニー調べ

2018/3/24 22:00

首都圏の分譲一戸建て価格、3年連続で上昇-リクルート住まいカンパニー調べ

平均価格は4,140万円
リクルート住まいカンパニーは3月20日、「2017年首都圏新築分譲一戸建て契約者動向調査」の結果を発表した。

首都1都3県と茨城県の一部のエリアにて、新築分譲一戸建ての契約をした人を対象とした調査で、2014年から毎年実施してしているもの。

調査結果によると、購入した物件の所在地は、「神奈川県」がトップで24%。次いで「埼玉県」21%、「東京都下」19%と続いた。

購入価格の平均は、4,140万円で、3年連続で上昇している。ただ、メイン価格は「3,500~4,000万円未満」が16%、「3,000~3,500万円未満」が14%となっており、3,000万円台が最も多い。

ローン借入、平均価格は3,736万円
購入した世帯主の平均年齢は36.5歳。「子供あり世帯」が68%と7割近くを占めている。

また、世帯総年収の平均は727万円となっており、契約世帯の55%が共働き世帯だった。

では、平均自己資金はどのくらい用意しているのだろうか。平均は634万円。2016年の調査に比べ、26万円減少した。一方、ローン借入額の平均は、3,736万円。2016年調査時より、70万円増加している。

(画像はプレスリリースより)
調査データ: 「2017年首都圏新築分譲一戸建て契約者動向調査 (株式会社リクルー ト住まいカンパニー)」

外部リンク

株式会社リクルート住まいカンパニーのプレスリリース
https://www.recruit-sumai.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

帝国データバンク「2012年度業界天気予測」、“総じて横ばいも、改善する業界・分野も多い”のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。