不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

住宅購入後のアフターサービス利用率は?

2018/1/16 18:00

住宅購入後のアフターサービス利用率は?

住宅購入で重視するのは「耐震性、耐火性」
マイボイスコムは1月13日、「住まいのアフターサービス」に関する調査結果を発表した。2017年12月1日~5日にインターネットにて調査を実施したもので、回答数は1万887件だった。

調査から住宅購入時に「アフターサービス、保証制度」を重視する人は3割弱であることがわかった。

「住宅購入時に重視する点」をたずねたところ、最も多かったのが「耐震性、耐火性」の51.5%。次いで、「断熱性・気密性・遮音性」の47.9%、「配置(間取り)」の44.4%、「通気性、換気、風通し」の40.1%となっている。

その一方で「アフターサービス、保証制度」と回答した人は26.6%と、3割に満たなかった。

アフターサービスを利用した人は4割強
住宅購入後に、住まいに関するサポート・アフターサービスを利用した人は全体の4割強であることもわかった。

利用したサポート・アフターサービスで最も多かったのが「住宅・設備の定期点検」の26.9%。次いで「住宅・設備の修理・補修」が17.8%、「緊急時の対応・サポート」と11.4%と続いた。

利用経験者の住宅種類をみると、「持ち家・集合住宅/新築」が6割、「持ち家・一戸建て/注文住宅」と「持ち家・集合住宅/中古」が各5割。賃貸住宅の居住者の利用率は2~3割程度で、持ち家住居者に比べて低くなっている。

では、住まいのサポートサービスの満足度はどうだろうか。「満足」・「やや満足」と回答した人は全体の5割強と、過半数が満足している。

サポートサービスで満足度の高いメーカーは、持ち家で一戸建ての居住者の場合は旭化成ホームズ、一条工務店、大和ハウス工業でそれぞれ8割を占めている。

持ち家で集合住宅の居住者の場合はでは住友不動産、大京、三井不動産レジデンシャルが満足度が高く、7~8割となっている。

賃貸居住者では「UR都市機構」の満足度が6割弱だった。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

マイボイスコム株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000543.000007815.html

住まいのアフターサービスのアンケート調査 - マイボイスコム
https://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/23303/index.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

タス、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2017年7月」を発表のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。