不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

日本建設業連合会、2017年10月分の受注調査結果を発表

2017/11/30 17:00

日本建設業連合会、2017年10月分の受注調査結果を発表

10月分の受注額総計は前年同月比4.7%増
日本建設業連合会は11月28日、法人会員96社を対象に行った、2017年10月分の受注調査結果を取りまとめ発表した。

10月分の受注額総計は1兆410億円、前年同月比4.7%の増加で3か月ぶりに前年比を上回った。うち、国内計は1兆130億円、同5.8%の増加。海外計は280億円、同25.0%の減少となっている。
発注者別では、民間が前年同月比1.6%増、官公庁が同17.6%増
発注者別では、民間が7,140億円、前年同月比1.6%の増加で2か月連続で前年比を上回った。うち、製造業が1,150億円、同28.8%増、非製造業が5,990億円、同2.3%減。

官公庁が2,990億円同17.6%の増加で3か月ぶりの増加。うち、国の機関が1,700億円、同16.5%増、地方の機関が1,290億円、同19.1%増となった。

地域ブロック別では、北海道が410億円、前年同月比30.2%増、東北が1,030億円、同17.0%増、関東が4,900億円、同7.6%増。

北陸が290億円、同46.4%減、中部が720億円、同25.5%増、近畿が1,510億円、同21.5%増、中国が370億円、同0.5%減、四国が、130億円、同6.6%減、九州が770億円、同19.2%減となっている。

(画像は日本建設業連合会公式サイトより)

外部リンク

日本建設業連合会 プレスリリース
http://www.nikkenren.com/news/pdf/newsletter/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

家庭用瓦屋根に最適の「太陽電池」設置工法をカネカが開発のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。