不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

投資家の過半数がここ1、2年が売りどきと判断-健美家

2017/6/4 05:00

投資家の過半数がここ1、2年が売りどきと判断-健美家

54.8%が、今が不動産を売るタイミングと判断
健美家は5月30日、「不動産投資に関する意識調査(第7回)」の結果を発表した。不動産投資の情報サイト「健美家」の会員を対象に実施した調査。

アンケートで投資用不動産について、「売り時だと思いますか?買い時だと思いますか?」とたずねたところ、54.8%が「売り時」と回答しており、「買い時」と答えた人はわずか11.6%にとどまった。

売り時だと思う理由で最も多かったのは、「不動産価格の高騰」の85.2%。次いで「投資家増加に伴う需要」の56.8%だった。

価格が高騰している今が売りどき
売り時はいつまで続くか?という質問に対しては「2018年まで」と答えた人が最も多く28.0%だった。「2017年まで」と答えた27.6%と合わせると55.6%となることから、過半数の投資家が「価格が高騰しているここ1~2年が売り時」と考えていることがわかる。

一方、買い時だと思う理由で最も多かったのは「低金利」の64.2%。買い時はいつまで続くか?という質問に対しては、オリンピック開催の「2020年まで」という回答が最も多かった。

売り時とは対照的に、買い時だと思う投資家の多くが、比較的先まで買い時が続くと回答考えていることが分かる。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

健美家株式会社のプレスリリース
https://www.kenbiya.com/press/pre2017-05-30.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住宅ローンの金利見通し「ほとんど変わらない」59.7%-住宅金融支援機構調べのページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。