不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

賃貸経営の先行き間は?オーナーズ・スタイルがアンケート

2016/9/1 06:00

賃貸経営の先行き間は?オーナーズ・スタイルがアンケート

少子高齢化で10年後、20年後はどうなる?
賃貸マンションやアパートを経営するオーナーは、今後の展望についてどのように感じているのだろうか。オーナーズ・スタイルが8月24日に発表したアンケートの結果によると、オーナーの6割超が将来の不動産経営は厳しくなると考えていることがわかった。

オーナーズ・スタイルが「大家さんが感じる賃貸経営の先行き感についてのアンケート調査」を実施し、賃貸経営は10年後、20年後も順調だと思うかと尋ねたところ、「とても厳しくなる」と「少し厳しくなる」と答えた人が合計で62.9%だった。

30.2%の人は「何らかの手を打つことで順調にできる」と回答しているが、これも逆に言えば、「手を打たなければ順調にはいかない」と考えていると読みとれる。とすれば、9割を超えるオーナーが賃貸経営は「厳しい」と考えているといえそうだ。

悩みのトップは「空室」
次に今の悩みや将来の不安について尋ねたところ、最も多かったのが「空室」の60.4%。次いで「家賃の下落」の55.5%、「物件の老朽化」43.6%と続いた。

これまで不労所得が得られる大家業は、「楽な商売」と思われがちだった。さらに昨今は大都市圏の地価上昇が続いており、賃貸経営の未来は明るいというイメージがある。

しかしその一方で、少子高齢化によって人口が減少しており、空き家が急増しているといった課題が浮上している。大家業を取り巻く状況に変化が起こっていることを、多くのオーナーがすでに自覚しているといえそうだ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社オーナーズ・スタイルのプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news

株式会社オーナーズ・スタイルのホームページ
http://www.owners-style.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

朝日新聞社がアパートなどの管理支援サービスを開始のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。