不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

賃貸契約でトラブルの多い敷金問題、法改正でどうなる?

2015/1/27 14:15

後を絶たない敷金の返済を巡るトラブル
MS-Japanが運営する、ウェブサイト「LEGAL NET(リーガルネット)に、コラム「120年ぶりの民法改正が企業法務に襲いかかる!」が掲載された。

コラムによると民法の改正によって、賃貸契約に関するルールが変わる。改正前からチェックをしておいた方が良さそうだ。

明治29年の民法制定以来の大改革になると言われている、今回の民法改正。中でも債権分野の全面改定に注目が集まっており、賃貸経営者にとっても人ごとではない。

法改正後は敷金の返済義務が課される?
アパートやマンションの賃貸契約に関するトラブルで後を絶たないのが、退去時の敷金返済問題だ。敷金を巡るトラブルは最も身近な消費者問題となっており、国民生活センターに寄せられる相談でも「敷金が変えってこない」、「膨大な修繕費を請求された」などの相談が引きも切らない。

今回の民法改正では、敷金に関して明確な規定が設けられると見られており、法制審議会の原案でも敷金を「家賃などの担保」と位置づけている。原案が通れば、賃貸契約の解消後には返還義務が発生すると予測される。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

株式会社MS-Japanのニュースリリース
http://www.news2u.net/releases/131767

コラム 120年ぶりの民法改正が企業法務に襲いかかる!
http://www.legalnet-ms.jp/topics/2014/002344.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「不動研住宅価格指数」2014年11月値を発表(日本不動産研究所)のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。