不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

京阪神の賃貸市場も、家賃引き下げ圧力続く/ネクスト調査

2014/5/30 08:00

京阪神の賃貸市場も、家賃引き下げ圧力続く/ネクスト調査

京阪神の賃貸市場、じわりと下落
不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストは5月27日、2014年4月度の【京阪神版】「HOME'Sマーケットレポート」を公開した。

レポートによると京阪神の賃貸市場は、マンション、アパートともに、掲載物件の平均坪賃料がわずかながら下落した。

京阪神マンション掲載物件は、平均坪賃料が前月比マイナス0.4%の6,100円。今年2月をピークにじりじりと下落している。

10か月連続で下落していた平均敷金はやや回復し、前月比0.1%プラスに転じた。しかし、平均礼金は0.2%下落している。

エリア別にみると、京都府と大阪府の平均坪賃料が前月から下落しているのに対し、兵庫県では今年2月からの上昇傾向を維持している。

一方、京阪神アパート掲載物件も、わずかずつではあるが右肩下がりの傾向が続く。平均坪賃料は0.3%マイナスの5,300円。平均敷金はここ1年下落が続き、前月になってやっと上昇に転じたが、4月は前月比1.6%マイナスと再び下落した。平均礼金も前月に比べ0.7%下がっている。

(画像は、ネクストのホームページより)

問合せ物件も、微減が続く
京阪神マンション問合せ物件でも、平均坪賃料がマイナス1.3%、平均敷金がマイナス0.6%、平均礼金がマイナス0.8%となり、いずれも下落した。

京阪神アパート問合せ物件は、平均坪賃料がマイナス0.6%。平均敷金が1.8%上昇したものの、昨年12月以降上昇が続いていた平均礼金が、1.2%下落した。

外部リンク

株式会社 ネクストのプレスリリース
http://www.atpress.ne.jp/view/46832

株式会社ネクスト
http://www.next-group.jp/index.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

長谷工アーベストが「お客様意識調査」を実施のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。