不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

省エネ効果1位!ビル用マルチエアコン「Ve-up Ⅳ」新発売

2013/5/11 13:40

APF業界1位。47%の電力削減
ダイキン工業株式会社は、ビル用マルチエアコン『Ve-up IV』シリーズ全機種をモデルチェンジし、7月1日より発売を開始する。

新しくなった『Ve-up IV』シリーズの主な特長は、以下の3つ。

まず最大の特徴は、優れた省エネ効果。シリーズ全機種で業界トップのAPFを達成。年間消費電力量を約47%削減した。

APFとは、エアコンの省エネ性能を表すJIS規格で、「通年エネルギー消費効率」をいう。

2番めの特長は、冷やしすぎや暖めすぎを抑えて無駄のない快適環境を実現する「省エネチューニング機能」を搭載したこと。冷房時に消費電力を約10%低減し、冷暖房負荷が高い時期のピーク電力の抑制・節電に貢献する。

スマート制御で徹底的に省エネ
3つ目の特長は、別売品の『インテリジェントタッチマネージャー』を同時に使って、遠隔省エネ制御サービスが利用できること。

空調機器だけでなく、照明などビル全体の設備機器を一画面で集中管理でき、スケジュール運転や連動制御などの省エネ自動管理が可能となる。インターネットで遠隔からでも設備の制御・監視ができる。

『Ve-up IV』と『インテリジェントタッチマネージャー』を同時に採用したユーザーには、自動で省エネ制御を行う『省エネ当番Light』サービスを、3年間無償で提供する。

外部リンク

ダイキン工業株式会社のニュースリリース
http://www.daikin.co.jp/press/2013/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

LIXILから、清掃性を高めたシャワートイレシートタイプの 「KA/KBシリーズ」のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。