不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

YKK APから、国内最高クラスの断熱性能を実現する樹脂窓「APW330真空トリプルガラス」

2013/2/28 16:00

省エネ性能とデザイン性を兼ね備えた住宅用樹脂窓
YKK APは、業界初の10年保証をはじめとした高品質を誇る窓事業ブランド「APW」より、省エネ性能とデザイン性を兼ね備えた戸建て住宅用樹脂窓「APW330真空トリプルガラス」を、3月1日より新発売する。

*画像はニュースリリースより
年間の冷暖房費とCO2排出量を約25%削減
「APW330真空トリプルガラス」は、断熱性に優れた樹脂フレームと高性能な真空トリプルガラスによって構成された窓で、一般的なアルミ窓(複層ガラス)の約4倍、アルミ樹脂複合窓(Low-E複層ガラス)の約2倍の断熱性能をもつ窓。

経済産業省告示の、窓等の断熱性能表示制度「省エネ建材等級」において最高級★★★★の商品で、冷暖房効率を高め、年間の光熱費を節約。一般的なアルミ複層ガラスの窓に比べ約25%の節約ができ、また年間CO2排出量も約25%削減するなど環境配慮にも貢献(数値は同社社内比較解析値)。また、独自のガラス接着技術により従来の樹脂窓に比べてフレームがスリムなためガラス面積が広く、冬場の日差しを充分に取り込むことができるという。

ワンアクションで開け閉めできる戸先錠(引違い窓、片引き窓・両袖片引き窓)を採用することで風を上手に窓から取り込むことができ、またクレセントが無く外から鍵が見えないので防犯面でも優れるとしている。

外部リンク

YKK AP ニュースリリース
http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/news/2013/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

大京、太陽光発電+電力一括購入導入の「ライオンズ大森西グランフォート」竣工のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。