不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

ミサワホーム、新潟市で寒冷多雪地域向け住宅を建築

2012/10/31 16:30

寒冷多雪地域のスマートタウン計画に参加
ミサワホーム株式会社は10月30日、新潟市内のスマートタウン計画において、量産型スマートハウスを年度内に10棟建築すると発表した。

今回ミサワホームが参画するスマートタウンは、新潟市の西野中野山土地区画整理組合が事業主体となり実施するものだが、寒冷多雪地域向けのスマートタウンとして、データ検証のため先行建築する。

スマートタウン計画では264棟の戸建住宅をはじめ、商業施設や特別養護老人ホームなどが建設され、将来的には産学連携でタウン内エネルギーの最適利用を目指す。
 
ヒートショック対策も万全
ミサワホームは今回の実証住宅で断熱性能だけでなく、空調領域を区切って暖房効率の向上を図るほか、洗面室やホールにも暖房を設置して住宅内でのヒートショック対策を施す。

太陽光発電システムや燃料電池、HEMSを採用すると同時に、ミサワホームが提案する自然エネルギーを有効活用するための設計手法「微気候デザイン設計」を、各戸のプランニングや外構計画に取り入れる。

外部リンク

プレスリリース/ミサワホーム株式会社
http://www.misawa.co.jp/release121030.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

野村不動産ら明石駅前南地区第一種再開発事業に着工のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。